住宅

外壁塗装を依頼して住宅を守ろう【雨を完全シャットダウン】

塗料による大きな違い

塗装

住宅の頑丈さを高めるために外壁塗装を依頼する時には、どの塗料を使うのか事前に決めておくようにしましょう。なぜなら、塗料によりメリットやデメリットが異なってくるからです。例えば、ウレタン系塗料の場合、塗膜に光沢があり付着性に優れるので、高級感のある仕上がりにすることが出来ます。また、耐候性が高いので暑い日は涼しく、寒い日は暖かく過ごすことが可能となります。しかし、紫外線に弱い塗料となるので、何年も太陽の光を浴び続けてしまうと色が変色してしまいます。反面、シリコン樹脂の場合は紫外線に強い塗料となっていて、変色がし難いだけでなく汚れの付着しづらい特性を持ち合わせています。また、高い耐熱性を持っているので家事の際に家の内部に火が周るのを防いでくれます。ですが、ウレタン系塗料に比べると費用が高めに設定されているのがデメリットとなります。このように、ウレタンとシリコンで特性が大きく異なるので、外壁塗装を依頼する時にはどの塗料を用いるのか考えておきましょう。もし、自分自身で選択することが出来なければ、名古屋の専門業者に相談してみると良いです。なぜなら、名古屋の専門業者は塗料に関する知識が完璧で、しっかりと利用者にアドバイスをしてくれるからです。

名古屋の専門業者は無料で見積もりを取ってくれるので、外壁塗装を考えている方は利用してみると良いでしょう。また、名古屋の業者は外壁塗装に必要な料金を明確にしているので、後からトラブルになることがありません。

Copyright© 2016 外壁塗装を依頼して住宅を守ろう【雨を完全シャットダウン】 All Rights Reserved.